HOME>最新情報>八丈島>HOTけNIGHTで使えるコンデジ撮影術NLM法

HOTけNIGHTで使えるコンデジ撮影術NLM法

石野昇太

石野昇太

活動エリア:八丈島

所属ショップ:レグルスダイビング

伊豆諸島・八丈島より、石野です。

4月にCanon 5D mk4を勢いに任せて購入しました。
ハウジングを用意して、
ストロボとアームを揃え、
ポートとレンズを調達。←今ココです。
自前で水中カメラを用意することになって
撮影機材に関する知識の無さが随所に露呈しており
詳しい方々にたくさん助けてもらってここまで揃いました。
何度か足踏みしましたが、
晴れて次回更新予定の6月28日。
ついに最新の機材を使った最高のHOTけ写真をお見せできます。

と、その前に。
今回はコンデジでの撮影法についての考察。
去年、ノールック乱れ打ち法(←いま正式に呼び名決めました。略してNLM)
を編み出したときには完成形を見た!と喜んだものです。
要は、被写体凝視の連射撮影のことで、
”被写体を絶対に逃さない”という利点があります。
NLMは、外付けのライトもストロボも一切使用しない
初心者向けのリーズナブルなHOTけ撮影法でした。
でも、考えてみれば
HOTけNIGHTってナイトダイビングのことですから
参加するなら最低でも1本はライト持っているハズ。
そこでNLM改良型(withライト)を研究しました。

コンデジでも、マニュアル設定ができる機種なら
NLMで十分に撮影可能なのですが
僕が使っているTG-3はシャッタースピードが設定できません。
手ぶれしやすいというのはナイトダイビングで大きなウィークポイントになります。
その弱点を克服するための”withライト”。

NLMwithライトで撮影したトビウオの幼魚です。
ダイビング、浮遊系、稚魚、HOTけNIGHT、八丈島、水中写真、ライトトラップ

キタマクラをギャラクシー仕立てで。
ダイビング、浮遊系、稚魚、HOTけNIGHT、八丈島、水中写真、ライトトラップ

今回使用した機材はこちらの2点。
OlympusTG-3
INON LF1400-S
ライトの種類はおいておいて誰でも持てるセットです。
ダイビング、浮遊系、稚魚、HOTけNIGHT、八丈島、水中写真、ライトトラップ

ゲストがNLMwithライトで撮影した写真を
まとめて記事作ったら面白そうだなあ。

CATEGORY:八丈島

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。