HOME>最新情報>八丈島>続!スヌートのススメ!

続!スヌートのススメ!

石野昇太

石野昇太

活動エリア:八丈島

所属ショップ:レグルスダイビング

おしっこするとき、
特に時間ないときってお腹に力入れるとぶわーって早く出るじゃないですか。
結構急いでいたんで「ん゛んんんーーーーー」って渾身の力入れたら
ビッキーってお腹に激痛走ってその後2分くらいお腹つってました。
「痛いたいたいたいたいたいたい」言ってる声で痙攣さらに強くなるし
恥ずかしくて誰にも相談でいない二重苦。
もうすぐ29歳になる2017年初夏。

伊豆諸島・八丈島より、石野です。

 

予定では今回の記事、
新しく導入したCanon5DMarkⅣで撮影したHOTけ写真で大盛り上がりはずでした。
その為にずーーっとずーっと HOTけ通ってたんです。
すでにへろへろになりながら週末を迎えたわけです。
そんなところに強敵が2人もやってきました。
先月の記事、スヌートのススメに登場してくださったSPOOさんと、
僕が“海藻×スヌート”にハマり出したときから注目してくださっていたSachiさん。
2大スヌート女子(他にスヌート女子知らないけど)が一堂に会して「欲しい欲しい」言うんです。
このヘンタイが!って言いながら
あんなとこや、こんなとこから当ててやりました。

 

INON LF800-Nの光を。
スヌート 水中ライト
(こんなには持ってってないし、実際にはライトの先に集光レンズLF-N2枚重ね)

 

わーきゃー言いながらやってますんで、
陸に上がってからもうるさいんです。
他のゲストからしたらこいつらなに?って感じだったはずなんですけど
なんと!ゲストが2人も飛び入り参加してくださったんです。
少しずつ勢力を拡大していくスヌート界。これからが楽しみです。
ただひとつ残念なことに、こちらへの写真掲載許可もらうの忘れちゃった。
スヌート界盛り上げようってときに痛恨のミスです。
お店のブログには載せてますんで
スヌート界に仲間入りしたお2人の処女作、チェックしてください。

というわけで、今回は予定を変更して
「スヌートハラスメントpartⅡ」をお送りします。

まずは2日間で6本、がっつりとスヌハラさせていただきましたSachiさんの作品をご紹介。
毎回1時間以上、あんだけ潜ってんのにほっとんど生き物紹介してないからね。
でも、僕の持つスヌート学、しっかりと身に付けて帰っていただきました。

 

とりあえずはこっから。
イワヅタを使ったいわゆるスヌート撮り。
八丈島、ダイビング、水中写真、スヌート、ウミウシ、海藻

 

でも、僕のスヌートに対する考えの基礎中の基礎になる写真はこれです。
八丈島、ダイビング、水中写真、スヌート、ウミウシ、海藻

 

これが発展するとこうなる。添え物スヌート。
紅藻のno more rules感が相変わらずたまんない!
思わず叫びたく成る、KATE!!
八丈島、ダイビング、水中写真、スヌート、ウミウシ、海藻

 

時期も遅いため状態の良い海藻が少なく、代わりのキサンゴでもスヌート。八丈島、ダイビング、水中写真、スヌート、ウミウシ

 

次の写真、結構な高等テク使ってます。
技術面もそうですけど、このケヤリ。
局所的にしか生息してないものなので、それだけで基礎点高いです。
八丈島、ダイビング、水中写真、スヌート、ウミウシ、海藻

 

続いての作品。これもいわゆるスヌート撮りですけど、葉脈の質感たまらないでしょ。
しばらくスヌートから離れていたんで、正直行き当たりばったりなスヌートガイドでしたが
これ、想像の向こう側ってやつです。
こんな感じになるといいなーって思ってやって光当ててたやつ、見事撮りきってくれました。
鳥肌。。。
八丈島、ダイビング、水中写真、スヌート、ウミウシ、海藻

 

そしてSachiさんといっちばん苦労したのがこの写真!
八丈島、ダイビング、水中写真、スヌート、海藻
ウミウシ興味ないって言うからじゃあ魚やっつけようかって気張りつつも
結局動きの少ないやつ狙っちゃうあたりまだまだ未熟スヌートガイドです。
でも、コイツも結構動き回るから難しかったです。
僕の中でカエルアンコウは、ひそませてなんぼ!な感じあるんで、海藻の隠れ蓑に包まれてもらいました。

 

 

そしてそして、今回のSachiさん最高傑作がこれ!!!!

クレーーーーーーターーーーーピノーんサァァァァァァム!

八丈島、ダイビング、水中写真、スヌート、ウミウシ
想像の向こう側を越えて宇宙まで行ってしまってます。
太陽のフレアまで表現してますから、灼熱です。
(これがほんとのSachi風つって)

 

続いてはスヌート師匠、Spooさんです。
Snootと名前近いからそこから既に巨匠感出てるのに、
なんと今回スヌート使わない普通のガイドもご希望されてまして。。。
(いえ、それが普通です)
このままじゃSachiさんにスヌート師匠の栄冠奪われてしまいますよって
勝手に心配してたんですが、杞憂でした。
もうね、これ一枚で全部物語ってます。
お前、うだうだライティングしてないで黙って見てろって言われた感じ。

八丈島、ダイビング、水中写真、スヌート、ウミウシ

貝殻の破片とオオナガレハナカンザシという基礎点の高さはもちろんのこと、
これやってみればわかるんですけど、技術点はんっっぱなく高いです!
まじ、やばいやつこれ。
惚れ惚れ。

ちなみに、アナ雪オマージュ。

 

さあ、君もスヌート仲間に入らないか!?

CATEGORY:八丈島

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。