HOME>最新情報>井田,八幡野,大瀬崎>すぐに真似したくなっちゃう性分なんです

すぐに真似したくなっちゃう性分なんです

石野昇太

石野昇太

活動エリア:八丈島

所属ショップ:レグルスダイビング

八丈を離れ、4月まで上京中の石野です。
この休暇を利用して伊豆を中心に各地を潜り渡るつもりでいます。
さっそく伊豆行脚第1弾として
新世代ガイドブログのメンバーたち
平野正浩さん、田中翔さん、岩瀬南美さん
と一緒に6日間の旅に出てきました。

お世話になったダイビングショップとガイド・スタッフのみなさんは日程順に、
【八幡野】 ダイビングショップ海好き 福田航平さん
【井田】 井田ダイビングセンター 片野猛さん、吉田邦彦さん、出竃祐亮さん、間取勘太郎さん
【大瀬崎】 大瀬館マリンサービス 堀口和重さん
【伊東】 ダイブファミリーイエロー 川坂秀和さん
です、ありがとうございました!

ほぼほぼ八丈でしか潜ったことのない僕にとって
他所でダイビングすること、ガイドを受けることはすごく勉強になります。
水中での間の撮り方や見せ方はもちろん、
水面休息中のちょっとした会話にも僕の価値観を覆すヒントが転がっています。
飲みながら熱い話なんてしたならば、感化されちゃって
その年のガイディング、写真の撮り方が大きく変化するほど。

初日の八幡野で潜った時に、八丈と違ってウミシダが多いなと感じていました。
井田では、カマちゃんが撮影した前ボケとガンメルを駆使した
サラサエビのとてもかわいい写真を見せてもらいました。
ガイド中にもカマちゃん目線の素敵なシチュエーションの被写体を紹介してくれたのに
この時は撮り切ることができず悔しい思いをしました。
これらのことが3箇所目の大瀬崎で撮ったこの写真、
サラサエビのシダメルに繋がったのかな。
要はパクリなわけですが、昨年に会って以来、
大ファンになったカマちゃんに対するオマージュと言えばかっこいいでしょ。
その次の伊東では、所狭しと生えているソフトコーラルを利用した前ボケ写真を
ずっと狙っていました。
潜り込んでいる八丈と違って勝手の違う海ではなかなか上手くいかないけれど
来月もまた懲りずに伊豆の海を周遊してきます!

sarasashidameruDSC_0591

メンバーと会って鋭気を養い、ただただ楽しかった今回の伊豆ツアー。
各地の海の紹介や感じたことなどは
ぼく個人のブログで個別に報告させていただきます。

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。