HOME>最新情報>ニューカレドニア>IUCN Red List ~Black Butterflyfish~

IUCN Red List ~Black Butterflyfish~

くぼっち

くぼっち

活動エリア:ニューカレドニア

所属ショップ:ALIZE

例年に比べ水温が高く、快適なダイビングが楽しめるニューカレドニアより、くぼっちがお届けいたします。

 

本日ご紹介するのは南太平洋の固有種「ブラックバタフライフィッシュ」。

 

主な生息地域は南部のニューサウスウェールズ州のグレートバリアリーフ(オーストラリア)とニューカレドニア、フィジー、トンガ、バヌアツ、サモアなどなど。

 

また、主にこの種は単独またはペアで行動しています。地域によっては、群れを形成することもあります。

DSCF1025

ニューカレドニアでも現在、「テパバ」というポイントで10匹くらい一箇所に群れています。

 

撮影については成魚は警戒心はあまりないため容易です。

 

ですが、幼魚に関しては、成魚と比べると警戒心は強く、動きが素早いので上手く追い込まなければなりません。

 

この写真を撮るのにも追い込むだけで20分くらいは使ったと思います。←ただ追い込むのが下手なだけですが・・・笑

DSCF2200

本来であればポリプを食べている瞬間を撮影したかったのですが、一瞬の隙をつかれ逃げられました(* ̄□ ̄*;

 

ということで、チャンスがあれば次も挑戦していきます!!

 

さて、最後に実はこの種、国際自然保護連盟(IUCN)Red Listに入っています。

 

リストに加わったのは2010年。

 

理由はサンゴの劣化により、近い未来に絶滅する見込みがるたためだそうです。

 

ただ、地域によってはまだまだ数は生息しているため、すぐには絶滅する恐れはないということで保全状況は軽度懸念(LC)となっています。

 

ホッ(-。-;)っと一安心です。

 

この種は、麻呂みたいな眉毛の模様が、とても癒される、大好きな生物なので、
初めて知ったときはさすがに驚きました。

 

今後はRed Listに加わっているということも視野に入れ、お越しいただいた皆様に紹介をしていきたいと思います。

 

 

以上。くぼっちでした(∩´∀`)∩

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。