HOME>最新情報>大瀬崎>9月に登場した浮遊生物 20連発!

9月に登場した浮遊生物 20連発!

カズ

カズ

活動エリア:大瀬崎

所属ショップ:大瀬館マリンサービス

本日は大瀬崎よりカズがお届けします。

10月に入り、あっという間に今年も残り3カ月ですね。

ニシキフウライウオやクマドリカエルアンコウなど少しづつ出てきています。

これから、どんどん増えてくれるといいですね。

さて、そんな生き物の紹介ではなく

今回は皆さんにナイトでの浮遊系スぺシャルをお届けしたいと思います。

9月のライトトラップは中々な秋のトラップって感じでしたよ。

ただ、ほとんどが私の一人舞台でしたが・・・(笑)

それでは

20連発で皆さまに浮遊生活する生き物をご紹介します!!

dsc_5392

9月の前半まではチョウチョウウオな仲間のトリクチス幼生が水面付近で多く見られました。

今年はかなりの当たり年かぁと思いきや、そこまで幼魚見られませんでした。。。

dsc_7535

不明種の稚魚

5㎜ぐらいでちっちゃい・・・。

種がわかり次第載せます。

dsc_71841

ヨウジウオの仲間でしょう。

15cmぐらいと糸くずのようです。

こちらも水面付近で多く見られます。

dsc_6756

9月中場には信じられない生き物が登場

どうやらタチウオの稚魚のようです。

海洋生物環境研究所 中央研究所 小嶋純一 様 同定ありがとうございます。

ここからは今度はイカ

ホタルイカモドキ科の1種

dsc_6152

ライトバックで登場です。

dsc_7222

相変わらず裏側の発光器は神秘的ですね。

dsc_6157

横から

dsc_6080

やや下気味からの撮影

目の部分の発光器

その周りの発光器が見られます

dsc_6036-2

同じイカなのですがバックライトでの撮影に切り替えると

透明感が出ます。

dsc_7613

こちらは別のイカの仲間になります。

毎年出ているのですが不明種ですね。

dsc_6140

こちらもメインをバックライトで!

dsc_5678

ケンサキイカだと思われるジンドウイカ科の仲間

10個体ぐらいの散らばった群れで泳ぎ回っているところが

確認できました。

次は甲殻類

dsc_5722

集まりがいいとよくあらわれるゾエア。

dsc_7244

全体伸びているところ。

dsc_6729

こちらもよく見られるタイプですね。

dsc_6730

ヤドカリのグラウトエ幼生でしょうか?

7㎜前後でなんなのかは不明ですね。

dsc_7559

ヘイケガニ類のゾエア

こちらはライトにかなり寄ってくる個体です。

dsc_7577

こちらもよく見られるゾエア。

単体で機敏に動き回ります。

dsc_7602

このサイズだと種の同定が困難なタコの仲間の幼体です。

dsc_7198

ここのところ、見られるタコの仲間。

クラゲに乗って移動しているのでしょうか?

2週連続でクラゲに乗っている姿が確認されました。

外洋性の種類なのでしょうか??

 

9月の浮遊生物情報はこんな感じです。

次回は30連発狙おうかなぁ。。。

以上大瀬崎よりカズがお届けしました!

 

ダイバーオンラインウェブサイト

「撮ったど~!大瀬崎ライトトラップ獲物図録」 

 

ウェブサイト

ゆうすけの豪海クラブ

 

フェイスブック 堀口 和重

facebook  

 

 所属する大瀬崎のダイビングサービス

大瀬館マリンサービス

CATEGORY:大瀬崎

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。