HOME>最新情報>その他,葉山>あともう少し!!なはず

あともう少し!!なはず

翔ちゃん

翔ちゃん

活動エリア:高知県 柏島

所属ショップ:ダイビングサービス PARADI

こんにちは、本日は葉山から田中翔がお届けします。
僕はこの1か月間は、ひたすらアナハゼの産卵を追ってきました。

ただ、ただ図鑑やネットでは、カイメンやホヤの中に卵を産み付けている画像はよく目にしますが、実際に葉山だとどこでやっているのか検討がつきません。

そこで、まずはアナハゼがどこにいるのか、遭遇した場所を記録。
11月中旬までは、浅瀬での遭遇率が高かったのですが、最近ほとんど同じ場所では会えていません。
少し場所を変えているのでしょうか??

普段観察している魚は、放精、放卵を行うタイプが圧倒的に多いですが、
アナハゼは、オス、メスで交尾を行うちょっと変わった生態を持っています。

(本日の写真はすべてTG3で撮っています。)

オスの生殖突起
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

立派です!笑

メスの産卵口
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通常、アナハゼの交尾はオスがメスを襲う形で行われます。
その理由はこちら
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手前がメス、奥がオスです。
メスのほうがオスに比べて2倍くらい大きいです。
そのため、ふとメスの前にオスが出てしまうと食べられる危険性があります。
その危険性を回避するために、メスのすきをみてオスが襲うという交尾を行っています。

観察を続けているとメスの後ろをちょくちょくついて回るオス、そのオスの後ろから僕が
ついてまわるという、はたからみると変な光景が広がっています。笑
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだ、産卵を見ることができていませんが、僕のアナハゼに対する情熱は衰えて
いませんので次回、必ず紹介しますっ(プレッシャー!!笑)

以上、翔です!

CATEGORY:その他 葉山

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。