HOME>最新情報>その他>奇跡の外洋流し!!

奇跡の外洋流し!!

カズ

カズ

活動エリア:大瀬崎

所属ショップ:大瀬館マリンサービス

本日はカズが南国バージョン浮遊系スペシャルをお送りします!!

皆にこの時期に??とかなんとか言われてしまいましたが、
もういいやと思って5月の14日から24日まで休みをいただき行ってきてしまいました!!

そこは東洋のガラパゴスとも言われる島

そう、小笠原父島です!!

なぜ、そんなことになったのかというと話は一年以上前に遡ります。
ある時ネット上に小笠原の浮遊系生物の情報がバンバンと出てきた時期がありました。
とにかく本州の沿岸側では見れないような生き物が数々と載っていたのです。
そこからが展開が早く、情報を入れたカメラマンたちが現地に入りして常に珍しい生き物を撮影してるとの話が入ってきました。

現地入りしたカメラマンの一人で大瀬館マリンサービスをいつも使っていただいている阿部秀樹さんから
来年は浮遊系を撮れる人たちを何人かでグループを作り、行ければなぁという話をしているのを聞きました。
その時は、まぁ自分には関係ない話だし、休みも取れないだろうしなぁ、と流すような気持ちで聞いていました。

時間は経過して今年に入り、3月ごろその5月に浮遊系で潜る人で小笠原にという話がほぼ決まったのです。
阿部秀樹さんからお誘いのお話が来て『いやぁ・・・』と断ろうとしたのですが、よくよく考えてみると
ここ数年、なかなか忙しく長期の休みも2年間は取れなかったし、小笠原に行くとなると次の話はいつになるやらかなぁ…。
っと思い、逆に『ここでしか行けるチャンスなくない??』と思ったのです。

自分の中では何かが吹っ切れて、周りになんと言われとようともういいや!
絶対小笠原で珍しい生き物とるんだ!っと強引に小笠原行きを決めたのでした(笑)
当然、ほかのスタッフは困っていましたが。。。。

さてさて、小笠原って言うと

綺麗な海で豪快な魚の群れ!!カラフルな生き物に囲まれてのダイビング!!沈船ダイビング!!
とかリゾートチックで楽しーく過ごすという感じで大半の人はいるともうのですが、
今回そんなことはしないで、9割近くが皆、浮いて浮いてのダイビングがメイン!

まぁ浮遊系と言ったら、自分の中では大瀬崎や八丈島でライトトラップを行うスタイルが支流ですし、
青海島では湾内で日中浮遊しながら生き物を探すダイビングスタイルですよね。

しかし今回のダイビングのほとんどは、それをはるかに超えたスタイルの外洋流しという
前代未聞のダイビングを行ったのです。どのようなダイビングかというと、
ボートで外洋をひたすら中世浮力をとり浮きながらプランクトンを撮り
最初から最後まで安全停止をしているようなダイビングなのです(笑)

そんなダイビングにみんな参加して集まってくるのですから、
もう一線を越えた変態な方々しかいないですよね(笑)

話は長くなってしまいましたが、ここから写真をお見せして行きたいと思います。
まずはお目にかかりにくいものから。

貝のベリジャー幼生
貝の幼生類は本当に多いのですが、
この蝶の羽のようなタイプを見たのは奄美大島以来2度目です!
とにかくちっちゃい・・・。

ハダカカメガイの仲間
なんか、クリオネチィックでいい感じ
カメガイの仲間も沢山でしたよ。

コレ、イソギンチャク系だと思うのですが不明種です。
皆に便所掃除の道具に日いることからベンジョズッポンと呼ばれていました・・・。
(-ω-;)ウーン

ハダカゾウクラゲの仲間も登場!!
こんなのゆるキャラにいたような・・・。

こんなワケのわからない生き物を撮りに行ったのか…。
とみんなひいてしまいそうですが、こんなのばっかりをひたすら撮っていました(笑)

夜のナイトも1日荒れた日以外は入りましたよ!!
ボートでのライトトラップで集光性のある生き物たちを探しましたがこちらもすごい!!

まず!この遠征では2個体でました、ニスト幼生。
大瀬崎で浮いている個体は1個体しか見たことないのに…。
こんなに見れるなんて!!!

レプトは体高が高い!!
なんなんだろう。

前半チームに実は超大御所の作家さんもいて
お墨付きをいただいた1枚、ありがとうございます!!

出た!!!深海系!!!
これイトヒキイワシの仲間では?とのこと
ボートの臨時船長が発見したという恐るべしプレゼントでした。

こちらも出た出た!!!
外腸が出た!!

トカゲハダカ科の1種でクロトカゲギスのようです!!

ナイトは常に何か出て切ナイトなしという考えられない状態…。
つねに、浮き浮きナイトを満喫でした!!

そして、外洋流しに話は戻しラストは魚で行きますね

クラゲが魚を捕まえているなぁ・・・
って!よく見ると魚じゃん!!慌てふためきました。
フリソデウオ系なのか、いやぁ綺麗すぎ!!

次の日、kさんが発見の個体この系統じつは今回の遠征では4個体見つかっているです。
いやぁ・・・恐るべし外洋流し・・・・。

さらに奇跡まで・・・最終日のラスト。
またいろいろなところでヒキが強いというkさんが教えてくれたのはなんとコレ
もう、 見たくて見たくてたまらなかったこの個体が登場するなんて!!
チョウチンアンコウ亜目で,たぶんシダアンコウ科の1種とのこと

最後の最後まで恐るべし小笠原でした!!

今回、お世話になったショップさんは
小笠原ダイビングサービスウラシマン

左は小笠原を知り尽くした、オーナー  森下さん
右は浮遊系ではいっぱいお世話になった 藤田さん

そして素敵な奥様と素敵な看板犬のロビン
綺麗なお店、宿、広いボート

小笠原に行くなら是非といいたい、
本当に素敵なお店でした。

2航海、ありがとうございました。

以上、今回は小笠原よりカズがお届けしました!!

 

 

それと

世界が見た、驚きと感動の大自然、ネイチャーズベスト傑作写真展

にて

昨年の私が入賞で入ったキアンコウの写真が展示されています。
よろしかったら、見に来てください。

会 期   2017年6月9日(金)~8月9日(水)
※ 休館日 6月19日(月)7月17日(月・祝)、
7月10日(月)は展示替えのため休室します
観覧時間  平日10:00~20:00、土曜10:00~19:00
日祝10:00~17:00
(入室は閉室の30分前まで)
会 場  千代田区立日比谷図書文化館 1階特別展示室
観覧料  一般300円、大学・高校生200円
主 催  千代田区立日比谷図書文化館
特別協力  ネイチャーズベストフォトグラフィーアジア

ダイバーオンラインウェブサイト

「撮ったど~!大瀬崎ライトトラップ獲物図録」 

 

ウェブサイト

ゆうすけの豪海クラブ

 

フェイスブック 堀口 和重

facebook  

CATEGORY:その他

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。