HOME>最新情報>八丈島>カニの常識を覆す暴走蟹

カニの常識を覆す暴走蟹

Avatar photo

石野昇太

活動エリア:八丈島

所属ショップ:レグルスダイビング

親方の言い付け「写真は寄れ!寄れ!寄れるだけ寄れ!」
それを信じて約2年。ようやく魚に寄れるようになりました。
先日これでもかってくらい最短まで寄って撮った写真を
親方に褒めてもらう気満々で見せたら「寄り過ぎ、離れろ」・・・
ヨレヨレ詐欺に騙されました。もう、バカ。

 

伊豆諸島・八丈島より、石野です。

 

 

 

八丈でも指折りのダイビングポイントであるナズマド。

そのずっと奥の方、険しく反り立つ根を2つ、3つと乗り越えて、

激しい流れに打ち勝つことができたダイバーだけが辿り着くことができる場所があります。

そこは水深30m。

果てなく続く砂地が目の前に広がります。

 

目を凝らすと、遠くにポツンと赤い影が見られることがあります。

まるで地平線の彼方から昇る、美しい朝日を彷彿とさせるその出で立ち。

その正体は、アサヒガニという体長15cmほどにもなる大型のカニです。

 

 

彼らの姿を間近で観察したいのであれば、

見つけたらすぐさま追いかけなくてはなりません。

アサヒガニのはさみ脚は平たくなっていて、

シャベルのように砂を掘ることができます。

目があった瞬間、その特殊なはさみ脚を巧みに動かし

眼にもとまらぬ速さで砂の中に潜っていってしまうのです。

そ~っと近づいているようでは、到着したときには影も形も残っていないでしょう。

 

 

 

それでは、もし砂に潜れなかった場合、彼らはいったいどうするのでしょうか。

「逃げられない」と判断したアサヒガニは次の瞬間、驚くべき行動に移るのです。

 

 

それは、

 

 

 

 

なんと

 

 

 

 

 

ダッシュ

 

 

 

「横歩き」ではありません。

前に、走るのです。

例え目の前にカメラを構えたダイバーがいたとしても、

「どけどけどけ~」と言わんばかりに立ち向かってくるのです。

あまりの速さに呆気に取られていると、

アサヒガニは股の下を潜り抜けた後、猛烈なスピードで走り去っていきます。

 

 

「カニは横に歩くもの」という常識を覆す暴走蟹。

その分厚い甲羅の中にはたっぷりと身が詰まっていて、冬に旬を迎えるおいしいカニです。

IMG_0253

大晦日に企画している「紅白ブログ対決」に向けて
僕が所属するチームは着々と準備を進めています。
是非、楽しみにしていてください。
CATEGORY:八丈島

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。