HOME>最新情報>八丈島>秋の夜長にHOTけNIGHT!

秋の夜長にHOTけNIGHT!

Avatar photo

石野昇太

活動エリア:八丈島

所属ショップ:レグルスダイビング

子供の頃から、落ち着いている、老け顔、と言われ続け、
初対面の人に年齢を尋ねるとだいたい5歳上に見られます。
これまでは、顔に年齢が追い付くと
かえって若く見えるという言葉を信じて生きてきました。
でも、いくら歳を重ねても一向に追い抜く気配がありません。
ついには先日43歳と間違われてしまいました。。。

伊豆諸島・八丈島より、石野です。

 

例年、八丈島の海は黒潮が当たる夏がベストシーズンです。
ところが今年は8月末に黒潮が外れ、水温・透明度ともに下がってしまいました。
HOTけNIGHTは明らかな変化が見られ、
あれだけたくさん見られていた稚魚の種数が激減。
盛り上がりに欠けていました。
今までずーーーと、潮汐表や月齢表をHOTけNIGHTの結果と照らし合わせてきましたが、
要は黒潮次第じゃん!と半ば投げやりにな気持ちにもなりました。
そもそも9月は毎週発生する台風のせいでナイトができる日がほとんどなかったのですが、
前回更新した記事に紹介したイセゴイと思われるレプトケファルスしかり、
種数は少ないながらコンスタントに何かしら出ていたわけで、
もっと潜ることができたら本当は面白かったのかもしれません。

 

さて、今月も「秋の夜長にHOTけNIGHT!」と題して
3日からHOTけNIGHT週間が始まりました。
開催した3回のHOTけNIGHTでは、大盛り上がりだった8月が再来!
と言わんばかりにたくさんの仔稚魚が出ました。
しかも、シロホシスズメダイやオヤビッチャ属の仲間、
クダリボウズギス属の仲間、フエダイ科の仲間、
イットウダイ科リンキクチス幼生など、
8月に見られていたものとは種類が異なっていました。
また、八丈は弱いのかもと思っていたホタルイカモドキの仲間が
10月になって爆発的に増えました。
今までは見逃していたエビ・カニなどの幼生にも気づけるようになり、
一段と楽しみが増えた感じ。
つぎはいったい何が出るんだ?
ワクワクが留まるところを知らないぜ!

 

guidediver1008
HOTけNIGHTで見られるものの参考にと思い、
黒潮が外れている期間に撮った写真をまとめてみました。

 

※HOTけNIGHTは八丈島のダイビングショップ、
パッショーネ・コンカラー・レグルスの3店舗が
有限会社イノンからINON LEDライト、
株式会社エーオーアイ・ジャパンからRGBlueを
大量に提供して頂いて開催しているライトトラップダイビングのこと。

CATEGORY:八丈島

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。