HOME>最新情報>西表島>トントンミー

トントンミー

Avatar photo

まさひろ

活動エリア:西表島

所属ショップ:西表島ダイビングサービス 遊びなーら

西表島のまさひろです。

台風19号が過ぎ去った後、西表も秋の気配を感じるようになってきました。

水温も下がってきたので、1時間も潜ってると時折ブルっとしてしまう程です。

・・・といっても、水温はまだ27~28℃!!

他の地域の人からクレームが出そうな水温ですね。笑

770

そんな水温なので、ゲストの方はラッシュ&短パンで潜ってる人もいます。

上の写真は、一昨日撮らせてもらった1枚。

僕は既にロクハンを出そうか悩んでる所ですが、

ゲストは『全然寒くないよー むしろ快適♪』と言ってました。笑

あぁ・・・僕も初めて西表で潜った時は28℃で同じ格好をしてたのになぁ。

慣れって怖いですね。。

 

さて!!

そんな夏なのか秋なのか分からない西表ですが、

今日は1年を通していろんな撮り方ができるこのハゼをご紹介!

783

島では『トントンミー』と呼ばれている、ミナミトビハゼです!

マングローブがある水域や、砂浜の波打ち際によくいるハゼなんですが、

トントンミーという名前の由来は、水辺をトントン飛び跳ねる姿から付けられたらしいです。

確かにこの魚、飛び跳ねて移動するけど・・・

それならピョンピョンの方が音的には合ってる気がするぞ?

 

『ピョンピョンミー』

 

・・・うーん。やっぱりトントンミーの方がいいですね。笑

名前をつけるセンスが全くないまさひろです。

 

このハゼは、見た目こそ『キレイ!』とは言えないんですが、

その習性や行動がかわいいので、すごく人気があります♪ 例えば・・・

・魚のくせに水の中で生活をしないとか、

・陸上で長く行動できるように、エラに酸素を溜める機能を持ってるとか、

・人間の手とか腕とかに乗っちゃう度胸?好奇心?を持ってるとか、

・目が乾くのか、魚なのにまばたきをするとか、、、etc

もう1時間でも2時間でも、平気でにらめっこできるかわいいやつなのです☆

780

トントンミーを写真に撮る時、ほとんどは背景が泥砂になってしまうんですが、

マングローブの根っこや落ち葉をうまく利用すると、全体的に茶色い色合いを作る事ができます!

もちろん、春や夏でも同じ構図で撮る事はできますが、この色合いなら『秋』の今が1番合う気がしませんか?

ライティングをちょっと強めにすると、トントンミーの体も茶色っぽくなるで、一層合うと思います♪

 

春にはアオサなどの海藻がまわりに生えてるので、背景に緑を入れたり、

夏は濃い青空をバックに青抜きで撮ったり、

冬は雨が多いので、雨粒が残ってる所を背景にして、雪っぽく玉ボケで狙ってみたり・・・と、

1年を通して四季を表現できる被写体として、大活躍なトントンミーなのです!!

 

しかし!!!

 

トントンミーを撮る上で、1つ気を付けなきゃいけない事があります。それは・・・

3387

写真を撮ってる時の姿がとーーーっても怪しいという事。笑

もちろんこんな格好しなくても写真は撮れますが、

長時間粘りたい時は、カメラをハウジングに入れると重くて大きな負担になるので、

オススメ(?)は『ハウジング無し』で『干潮時』に『大きな板』を敷いて『寝転んだ』状態で撮る!

そして横には『ライト』を用意してライティングしつつ、

髪の毛が長い人は撮影の邪魔にならないよう、タオルを巻いておく。(←これはどうでもいいか。笑)

 

もうこの姿を見たら、知ってる人でも声をかけるのをためらいますよね!笑

撮ってる方は真剣なので、そんなの気にする余裕がないんですが・・・

間違って通報されないよう、住民の皆様に理解してもらうのが1番大事なのかもしれません。

トントンミーはダイビングが終わった夕方の時間でも見る事ができるので、

1日をフルに遊びたい方はぜひオススメですよ~☆

 

 

まさひろ

CATEGORY:西表島

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。