HOME>最新情報>西表島>高水温がもたらす影響

高水温がもたらす影響

Avatar photo

まさひろ

活動エリア:西表島

所属ショップ:西表島ダイビングサービス 遊びなーら

西表島のまさひろです。

12月に入り、西表もやっと冬らしい気候になってきました。

一昨日までは半袖・短パンでも暑くて、ヒーヒー言ってたんですけどね。笑

1027

そのヒーヒー言ってた先週末は、スタンドアップパドル(以下:SUP)の大会、【西表 SUP FESTIVAL(以下:ISF)】が行なわれていました。

今年で2回目なのでまだまだ歴史は浅いですが、昨年に比べ参加者や協賛も増えて、規模がかなり大きくなったこの大会!!

昨年に続き、この大会のレスキュースタッフとして、ヒーヒー言いながら参加しておりました。(もうヒーヒーはいいか。笑)

1028

1029

ジャングルやマングローブに囲まれた西表島は、他の地域の大会に比べ景観も抜群!!

あまり流れのかからないコースでのんびり楽しめる所もあれば、

少し沖へ出ると一気に潮流の影響が出るコースもあるので、

初心者からベテランまでいろんな人が楽しめるコースリングになっています。

何人かはリタイアする人が出るかなぁ・・・と思ってたんですが、

今年はみんなリタイアする事なく、全員が最後まで漕ぎ切る事ができました◎

1026

また、夜には懇親会も兼ねた打ち上げも行われました!!

昨年はお店を貸し切って行ったんですが、今年は人数が多すぎとの事で、

公民館を借りて大々的に開催です☆

1025

その中で1番力が入ってたのが、このSUP盛りです!!笑

SUPのボードの上に尾頭付きの魚が並べられて、みんなの前に運ばれていきました。

もう朝の大会から夜の打ち上げまで、1日中大盛り上がりでしたね~☆

天気や海況、そして優秀なスタッフ陣に恵まれ、大きなトラブルもなく終える事ができてホッとしてます◎

SUPをやってる人も、これからやってみたいという方も、ぜひ来年の大会に参加してみてはいかがでしょうか?

 

 

さて、このままだとSUPの紹介だけで終わってしまうので。。笑

最近の水中事情もご紹介していきましょうね。

西表は11月30日まで、水温が27℃を記録してました!!

この時期に27℃なんて・・・真夏の小笠原とあまり変わらないコンディションです。

その影響もあってか、この時期から発見が多くなる南方系のウミウシが、未だに全然出てきてないし、

マグロやカマスといった回遊魚も、未だ大きな群れは出てなくてイマイチな感じ・・・。

787-2

しかし、トウアカクマノミは今でもバンバン卵を産み付けてます!

未だに水温が高いので、産卵~孵化までは夏時期と同じサイクルで観察できてます。

このトウアカクマノミは、頑張ればビーチからでも見に行けるので、

毎日通って卵の経過観察!とか、いつかやりたいんですよね~☆

920

同じクマノミネタでもう1つ。

白いイソギンチャクとハマクマノミの紅白撮りです!!

今年は高水温が長く続いてしまった影響で、イソギンチャクやサンゴの白化が目立ちましたね。

 

ただ、イソギンチャクの白化は、イソギンチャク自体が死んでしまう事はない!と聞きます。

イソギンチャクは本来白いのが普通で、中に藻が入り込む事で色が変わります。

サンゴの場合は白化が原因で死んでしまう事もありますが、

イソギンチャクの白化は、本来の色に戻っただけ・・・という事になるらしいです。

 

昔は白化したイソギンチャクを見ると心が痛かったんですが、

これを知ってからはあまりネガティブには考えず、プラスの捉え方ができるようになったかな?

知ってくると違った目線で物事を見る事ができます◎

これからも日々勉強ですね~!!

 

 

 

まさひろ

CATEGORY:西表島

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。