HOME>最新情報>西表島>7月の海 後編 大潮スペシャルツアー

7月の海 後編 大潮スペシャルツアー

Avatar photo

まさひろ

活動エリア:西表島

所属ショップ:西表島ダイビングサービス 遊びなーら

西表島・あしびなーらの平野です。

台風9号(ネサット)は思ってたより近くを通過していき、与那国島では最大瞬間風速50,4m/sを観測したみたいですが、特に大きな被害はないまま過ぎていきました。

西表島も短時間の停電が数回あった程度で、電気もすぐに復旧し、ネットもそのまま使えていたので、比較的快適な台風待機となりました。

・・・が。気付いたら台風10号(ハイタン)が発生し、こちらへ向かってるではありませんか!!

勢力も弱く、すぐに熱帯低気圧に変わるみたいですが、高波やうねりの影響はまだしばらく続きそうですね(T-T)

まぁ中途半端に時間が空いてから来るよりは、一気に来てくれた方がこちらとしても助かるので、プラスに考えるようにしましょう♪

 

さて、今日でブログ更新3日目。最終日です!

一昨日のブログ『前編』では回遊魚の群れやサンゴの産卵、

昨日のブログ『中編』では夏ならではの凪の瞬間をご紹介しましたが、

今日のブログは『7月の海 後編 大潮スペシャルツアー 』と題して、夏の大潮ならではの海をご紹介したいと思います!

このブログを読んだら、みなさんも夏の大潮時に西表に来たくなるはず!!

まず、夏の大潮といえばサガリバナツアーが大人気です☆

(ダイビングじゃねーのかよー!!と思った方、すいません。この1枚だけご勘弁を。)

今年は花の開花が遅かったため、7月末の大潮までサガリバナを見る事ができました◎

白いサガリバナ&ピンク色のサガリバナのペアを、青空バックに撮りたかったので、やっと撮れた嬉しい1枚でした♪

サガリバナに次いで、大潮時にオススメしたいのがマングローブダイビングです!

今回のマングローブダイビングは今まで以上に収穫があったので、改めてご紹介したいと思います!!

まずは撮影風景。

今まではマングローブのみの写真しか撮ってなかったので、イマイチ想像しづらかったと思いますが、人を入れて撮るとこんな感じになります。

見て頂くと分かると思いますが、、めちゃめちゃ浅いです。水深1,2mくらいです。

『タンク必要ですか!?』とよく聞かれますが、このアングルからマングローブの写真を撮ると・・・

こんな写真が狙えます!

昨日のブログで『呼吸の仕方』を説明させてもらいましたが、それを実践して撮った1枚☆

素潜りだけでは水面の揺らぎがなかなか落ち着かないので、安定して撮影をしたい場合はタンクを使った撮影が向いてます◎

今まで何度かこのアングルで撮影した写真を紹介していますが、今までの写真は『影』ができてしまって、根っこが真っ暗な写真が多かったんです。

しかし、今回は順光でいい感じに撮れる場所を見つける事ができたので、根っこの茶色と葉っぱの緑がキレイに出てます♪

編集も一切無しでこの色が出せたのは嬉しい発見でしたね~☆

逆にこちらはちょっと悔いが残った1枚・・・。

5年半西表で潜りこんでて、初めて根の下にテンジクダイの群れが集まってる光景に出くわしました!

『これは写真に撮らなきゃー!!』と思ってたら、こういう日に限ってストロボを持っていくのを忘れました。

ここに住むテンジクダイは、暗い所に隠れる習性をもっているので、撮れるのは全て逆光のみ・・・。

仕方なくストロボ無しで何枚かとりましたが、すぐにリベンジしよう!と思い、後日改めて完全装備で挑んだら、もうテンジクダイはいなくなってました。

水中はホント一期一会だなぁと実感させられましたね。

前回見れたからと言って、次もまた見れるとは限りません。

その時、その瞬間を逃しちゃダメって事ですね。

そしてラストは『サンゴの半水面写真』です!!

しかも普通の半水面ではなく、サンゴが水面から顔を出してる状態での半水面写真です♪

これは春~夏の大潮ならではの光景で、いつもより潮が低くなるタイミングを狙っての撮影でした!

この際、水面から顔を出してしまってる部分は強い日差しを受けるので、かなりダメージを受けてしまうのですが、

サンゴ自身が粘液を出して保護する事でダメージを最小限に抑えます。ご存知でしたか?

(・・・あっ、粘液の写真撮るの忘れた (~_~;) )

その後、潮が上がるのを待って、水面に鏡のように写り込む瞬間を待ちます♪

この瞬間をずーーーっと待ち侘びてたぞー!!

ここからはいろんなパターンで写真を撮りまくりです!

縦撮りにして空まで入れてみたり・・・

サンゴだけではなく、(ちょっとだけですが)魚を入れてみたり・・・

ダイバーも写してみたりと、短時間の間にめちゃめちゃ写真を撮りました!!

ゲストの方もこれには大満足して頂けたようで、『次回もお願いします!』とリクエストされちゃいましたが・・・

もちろん、ただ潮が下がる大潮ってだけではこんな写真は撮れません。

ちゃんと潮が引きつつ、波や風も穏やかで、濁りやゴミが流れてこない事、サンゴがちゃんと生きてる事など、

条件を上げたらキリが無いですが・・・こんなスペシャルな日に潜ってみたくないですか?

今年はもうこれほど潮が下がる日がほとんど無いので、もしこんな写真を狙いたい方は8月21日・22日の2日間がラストチャンスかな?

あとは来年の3月~7月の大潮が狙い目ですので、興味のある方はぜひご連絡下さい。詳しい日程をお知らせ致します。

 

3日間に渡り、僕の長々としたブログをお読み頂きありがとうございました!

7月に撮影した写真は今回でほぼ使い切ってしまったので、来月の投稿までにまた何かネタを見つけなきゃ (^_^;)

・・・って、まずは台風の被害が無い事を願うばかりですね。

どうか、サンゴがキレイなまま残っててくれますように~

 

*********************

西表島ダイビングサービス 遊びなーら(あしびなーら)

平野 正浩

〒907-1542
沖縄県八重山郡竹富町字西表1499-23
TEL:080-6480-4623
MAIL:info@ashibina-ra.com
HP:http://ashibina-ra.com/

*********************

CATEGORY:西表島

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。