HOME>最新情報>大瀬崎>ミジンベニハゼ大追跡

ミジンベニハゼ大追跡

Avatar photo

カズ

活動エリア:

所属ショップ:

皆様こんばんは大瀬崎のカズです

気が付いたら8月もすぎていよいよ秋モードに入ってきていますかね

今回ご紹介は大瀬崎ではアイドル的存在のミジンベニハゼ

そのミジンベニハゼの生態を少しだけご紹介していきたいと思います

大瀬館の前から見られ抱卵も今回で5サークル目

ミジンベニハゼたちの抱卵もいよいよ終盤戦かなぁ??

今回は夏にできる限りの監察を行っていたが面白ことがわかりました。

1サークル目14日観察開始~24日ハッチアウト

2サークル目データ不足不明で12日ハッチアウト

3サークル目データ不足日にち不明22日ハッチアウト

4サークル目26日産卵~2日ハッチアウト

5サークル目3日~

遅いと10日以上かかり早ければ7日とのサークル

写真を見てもらいましょう

今回は卵の成長度合いで撮った日にちは別々ながらの卵をお見せします

1サークルでの写真をお見せしたかったのですが通うのが難しい日もあったのでご了承ください

DSC_5346-3314082620140826140826

 

 

 

 

 

 

 

 

産卵中に遭遇というときがありました

その前に一回ビンの中を綺麗にするということもします

これはビン越しでの撮影

DSC_0071

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は綺麗な黄色い透明状態

DSC_2898

 

 

 

 

 

 

 

 

数日たつと目がうっすら出てきます

ただ、目の色はグレーで力がない状態

DSC_3053

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから卵でいう卵黄が段々と消えていきます

目の色もだんだんと付いてきます、体もうっすら見えてきましたね。

DSC_0952

 

 

 

 

 

 

 

 

ミジンベニハゼを絡めると写真としては面白い

DSC_1129

 

 

 

 

 

 

 

 

目も完全にできてこの時点で早ければもう次の日にはハッチアウトなのですが

水温が大きく左右することがわかりました

明日出るだろうと通っても水温18度のときはまったく出てこない日が3日間続きました

寒いと親が子供のことを考えて出さないようにするようですね

DSC_3655

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_5777577714090220140902140902

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ、栄養の黄色い部分も消えました

ここからハッチアウト

知っている方はたくさんいると思うのですが

ミジンベニハゼは実は面白い成体行動をするので

それはまたいつかにご紹介いたしましょう。

大瀬崎の浮遊生物もかなりの量が出てきているので次回はそっちかなぁ。

以上大瀬崎よりカズでした

CATEGORY:大瀬崎

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。