HOME>最新情報>大瀬崎>浮遊生物イカ偏(アカイカ)

浮遊生物イカ偏(アカイカ)

Avatar photo

カズ

活動エリア:

所属ショップ:

こんばんは本日は大瀬崎よりカズがお届けします!!

さてさてここのところの浮遊生物ニュースは

とあるイカを見ることになりました

そのイカは遠くから見ると銀色に輝き、近づくと今度は赤っぽい紫に!!

形から見るとスルメイカなのかなぁと思っていたのですが

水中写真家の阿部秀樹氏に連絡して聞いてみるとなにやら違うようで

スルメイカには赤の色素が細胞にないのでスルメイカではないとのこと

また今時期にそのサイズは可能性が低いとのことも教えていただき

そうなると近い種類ではアカイカの可能性が高くなるとのことです

ちなみに皆さん

アカイカってあまり聞いたことのないイカではないのでしょうか?

ダイビング中では見ることが難しいイカなのです

なぜかと言うと外洋性で深場にいるイカなので

遭遇率が低いのです

そんなお会いできたらうれしいアカイカを

今回は写真付きでご紹介していきたいと思います

DSC_5910-2214090320140903140903

 

 

 

 

 

 

 

 

写真がその時のアカイカだと思われる個体

体調は6cm前後の幼生

ライトトラップ中に水面付近を移動していました

DSC_5913-2214090320140903140903

 

 

 

 

 

 

 

 

写真を見比べてみてください

DSC_5911591114090320140903140903

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3枚ともに写真は一緒の個体です

見てわかるとおりで色が変わっていますね

先ほどは色素と言っていましたが

コウイカなどで見ている方もいるかもしれませんが

イカは早いスピードで体色を変えることができるのです

体の中に色素細胞という細胞があり

色を変えることが可能なのです

筋肉の動きで引っ張り、

伸ばしたり縮めたりすることで

紫色に見えた、銀色に見えたりするのです。

威嚇や求愛、擬態などなどでこの色の変化を行っているようです

ちなみに去年の11月ごろにもこのイカの成体をを見たことがあります

上司がでかいイカがいると言って見に行ってみると

約60㎝前後の個体が水深2m前後で瀕死状態でした

DSCF6783-2213111820131118131118

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6839-2213111820131118131118

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成熟すると深い場所にいるようで

昼間は外敵のいない深海数百mに生息しているようですが

夜になると餌を求めいて水深50mぐらいまで上がってくるようです

そんな水深にいるイカなので

何かの弾みで浅いところに上がって来たようですね

ちなみにこの写真は発見した上司の撮影姿

大きさがこれでわかるでしょう

DSCF6772677213111820131118131118

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなアカイカですが今の時期ですと成体はむずかしのですが幼生ならば大瀬崎のナイトでは見れる可能性があります

ライトを置いておくとイカはものすごく光を感知する能力に優れているようでどういうわけか近くに寄ってきます

私が見た限りですとたいていよって来るイカは光源ではなくその近くでふわふわ浮いている感じです

あまりの強いライトの光にフラフラしているのかもしれませんね

とにかくこの時期からはイカが面白いです!!

自分の好きなホタルイカモドキの仲間も出始めましたからね(*^ワ^*)

皆さんもそんなイカ達を狙いに来られるのはイカがでしょうか笑??

以上大瀬崎より、浮遊生物イカ偏(アカイカ)をカズがお届けしました

CATEGORY:大瀬崎

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。