HOME>最新情報>大瀬崎>砂地に潜む小型コウイカの生態

砂地に潜む小型コウイカの生態

Avatar photo

カズ

活動エリア:

所属ショップ:

本日は大瀬崎より、

最近は砂地でイカ、岩場でイカ、ナイトでイカと

イカばかり探しているカズがお届けいたします(笑)

今回は砂地にいるコウイカの生態について皆さんにご説明していきたいと思っております

一時期透明度が悪く浮遊物が多いときに発見した小型コウイカの仲間

ここ数日特に同じところに居ついているので見回って探すと前に入ります

この体制は威嚇しているポーズだと思われます

DSC_3453345315040320150403150403

次の日も同じ個体を見かけました

見ていると何度も何度も腕を伸ばしています

①伸ばす瞬間

DSC_3394339415040220150402150402

②伸びきっているところ

DSC_3395339515040220150402150402

最初は浮遊物を餌と思って手を伸ばしているかと思いました

しかし拡大してみると見えずらいのですが、アミを捕まえています

①伸ばすところ

DSC_3404340415040220150402150402

②アミを捕まえているところ

DSC_3405340515040220150402150402

お見事ヽ(´▽`)/

コウイカの食事でした

また別の日には求愛中にも遭遇

こちら

①寄り添い泳ぐ

DSC_3304330415040120150401150401

②求愛中

DSC_3302330215040120150401150401

春ですね(≧∇≦)

ちなみにコウイカの仲間、こいつらも目の感度がいいようで

急に強い光を当てると逃げてしまいます

なのでストロボなどで強い光を当てたときに液晶画面に

イカがいない!!ということを経験した方もいるのではないでしょうか??

なのでそんな逃げてしまうコウイカの仲間を撮る方法をお伝えします

私がやっているのはイカに調整できるライトで

対して少しずつ光を強く当てること

かなり強くしてイカの目がだいぶ慣れたら

今度はストロボを使って撮影に入るといいでしょう

ただ個体差はありますが・・・。

それとコウイカ類本当に同定が難しいのです

前に載せていたホタルイカモドキ科の仲間たちは裏から写真を撮って同定していましたが、

コウイカ類の同定は頭のてっぺんの形で見分けるのがいいようです

DSC_3322332215040120150401150401

スジコウイカなどなにも知らなかったときは普通にスジがあるのでスジコウイカですと

以前までは何も考えずに言っていましたが、

別の小型のコウイカもスジがでる可能性があるので

もはやこういう方法での同定ではいけないようです

なので頭の先も写真を撮るときは狙ってみましょう

以上、大瀬崎よりカズがお届けしました。

CATEGORY:大瀬崎

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。