HOME>最新情報>大瀬崎>仔魚・稚魚・ぱにっく!!

仔魚・稚魚・ぱにっく!!

Avatar photo

カズ

活動エリア:

所属ショップ:

本日は大瀬崎よりカズがお届けします

大瀬崎は水温も上昇してきました。

ミジンベニハゼやマツバスズメダイ、

マダコなど抱卵している生き物も目立ちます

大体は去年のブログで載せたので

今年のミジンベニハゼのハッチアウトなどはたくわんに任せようと思います。

なので今回は大好きな卵に行かずに浮遊系に戻ります

そしてさらに毎週の定番の大好きなイカではなく

稚魚のほうを皆様にご説明していきたいと思います。

稚魚っていうとイメージはわかないですよね

んーっとでは身近なもので

イワシの稚魚と言ったら何か思い当たりませんかねぇ

スーパーとか魚屋さんに売ってるあれ

そうっ

シラス

でもたいていは釜茹でだと思うのでしろーい体ですよね

ではとれたてってどうでしょうか

生シラス食べた人はわかると思いますが透明なのですよ

まだ体に色がついていなく綺麗な透明なスケスケ姿

人間ではそんなしていたらかなり危険ですよね

そんなスケスケな生き物たちが見られるって考えるとなんかドキドキですね

6月日は水面にこの稚魚たちが水面付近で見かけられました

この時期以外でもよく見かけるこの稚魚

どうやらイソギンポの仲間の可能性があるとの事

DSC_5673567315053120150531150531

正面顔はこんな感じ

横から見てみるとこれ

DSC_5672567215053120150531150531

イソギンポやタテガミギンポに近い種のようですが

確定とは言い切れないようです

日本産稚魚図鑑 第二版  P1176・P1177

6月3日の水曜日はほとんどこの稚魚

とにかくものすごい量がライトの周りを多い尽くした

その単独個体

DSC_5837583715060320150603150603

イワシ類だと思ったのですがそこまでで自分が調べても限界

これはウルメイワシの稚魚のようです

日本産稚魚図鑑 第二版  P96 b15.6mm

少し時間が戻り

去年はホウボウの仲間の幼魚をブログに乗せたのですが

そのさらに小さいサイズ

2月ごろ見られた

透明バージョン

DSC_2662266215031520150315150315

胸鰭が黄色くとても綺麗

さらに後ろ姿も素敵

DSC_2668266815031520150315150315

日本産稚魚図鑑 第二版  P638  b12.1mm

ホウボウの仔魚のようです

それにしてもスケスケ個体はいろんな意味で怪しいですね

ライトトラップもある意味怪しいし(笑)

以上、大瀬崎よりカズがお届けしました。

参考資料 ・ 日本産稚魚図鑑 第二版
協力   ・ 小嶋 純一 様
(公財)海洋生物環境研究所

 

facebook  堀口 和重

「撮ったど~!大瀬崎ライトトラップ獲物図録」 ダイバーオンラインウェブサイト

大瀬館マリンサービス

CATEGORY:大瀬崎

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。