HOME>最新情報>大瀬崎>日々、浮遊生活!!

日々、浮遊生活!!

カズ

カズ

活動エリア:大瀬崎

所属ショップ:大瀬館マリンサービス

今回は浮遊生物が大盛り上がりを見せる、大瀬崎よりカズがお届けします!

外洋の潮がものすごく入り普段お目にかかれないような、外洋性の生き物が日が変わるごとに見られているような感じです。今回はその日替わり生物ではなく、ここのところもっとも多く目にする生き物、クラゲの仲間、さらにをご紹介していきたいと思います。

まずはニチリンクラゲの大群。このクラゲが大量に来ると何かが現れる!!

っと言い伝えのようになっているのです。

それでは見ていきましょう!!

クラゲの量はここ数年では最高クラスと言ってもいいくらいの種類が見られ常に興奮しています。

小型の小さなクラゲから大型のクラゲと大きさも様々です。まず大きい物からご紹介したいと思います。このクラゲとにかくデカい!!ビックサイズのイボクラゲ。大瀬崎でも珍しい生き物の1つです。

そんなクラゲに身を寄せるのがこの生き物、ハナビラウオ。写真のようにアマクサクラゲやオキクラゲ、イボクラゲに付くことが見られますが、単体でも姿を見ることができていました。

また少し変わったクラゲの生態も確認できました。プランクトンを捕食するクラゲの生態シーンも多く見られたのですが、あまりにもニチリンクラゲが多すぎて3個体で1匹のヤムシを取り合っているところも確認できました。

ちょっと番外です!

クラゲににているのですが、まったく別の生き物なゾウクラゲ類!軟体動物で貝類などの方が近い仲間です、また殻を持っています。

これだけのニチリンクラゲの中に紛れていますが、実はゾウクラゲの餌はクラゲなどの刺胞動物など、餌には困りそうもないですね!!

こちらはウミウシです。

コノハウミウシという仲間で浮遊して海を漂うウミウシの仲間です。

こんなクラゲの仲間たちですが観察には十分な注意が必要です、刺されるとピリピリするので十分触手に注意して素肌を出さないようにしてくださいね!!

そしてこれが今年最後の投稿となりました、来年も未知との遭遇が沢山出来るといいですね!!

良いお年を!

以上大瀬崎よりカズがお届けしました。

ダイバーオンラインウェブサイト

「撮ったど~!大瀬崎ライトトラップ獲物図録」 

 

ウェブサイト

ゆうすけの豪海クラブ

 

フェイスブック 堀口 和重

facebook  

CATEGORY:大瀬崎

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。