HOME>最新情報>パプアニューギニア>深場にいると言われている魚

深場にいると言われている魚

Avatar photo

TAKA

活動エリア:パプアニューギニア・マダン

所属ショップ:Madang Resort・Niugini Dive Adventures(マダンリゾート・ニューギニダイブアドベンチャーズ)

アビヌーン!

 

PNGマダンの上空、全然雲がどきません!

観光局からプロモーションビデオの撮影があるのに次から次へと雲ができ、ドローンで空撮苦戦しております。でも今日はやっと晴れそうな感じです。

 

さて、PNGマダンでは通常深場にいると言われている生物が浅瀬にいます。

特にこのアオマスク。

 

アオマスクって俗称で、和名はまだなく、本当の名前はブルータイルフィッシュといいます。

ゲストから聞いた情報では50mくらいまで行って撮りに行ったことがあるとか・・・。

いやいや、そんなリスキーなことしなくても、マダンでは浅くて15mほどで見られます。

 

あと、おなじみのサロンパスことスミレナガハナダイ

30mくらいにいるよく聞くのですが、マダンは12mくらいからいます。深場にいるというイメージがあるからか、

おいおいそんな浅いとこまで来ていいの!?って思ってしまいます。

 

マダンだけでなく、他のPNGのエリアも同じことがあるそうです。

他では深場にしかいないエサがPNGの海では浅瀬にもあるということなのでしょうか。

あとはアケボノハゼが浅場に上がって来れば最高です!

 

パプアニューギニア・マダン

TAKA

当サイトはお使いのブラウザをサポートしておりません。

PCでご覧の方へ

当サイトをご覧いただくには、最新版ブラウザをご利用していただく事を推奨します。

スマートフォン・タブレット端末でご覧の方へ

サポートしているブラウザは以下になります。恐れ入りますが下記記載のブラウザにてご覧ください。
また、iOS / Android以外のOSに関しては閲覧可能ですがサポート外としておりますので、表示崩れ等がある場合がございます。予めご了承ください。

ブラウザのJavaScriptが無効になっています

当サイトをご覧いただくにはJavaScriptを有効にしてください。